他のローンと異なる点

他のローンと異なる点

住宅ローンやマイカーローン、ブライダルローンなどのローンに共通しているのは、使い道が限定されている点です。カードローンの場合、初めに使用用途は聞かれますが、カードを使って直接現金のやり取りをします。しかも好きな時に繰返し借入れができるので、他のローンと比べると自由度の高いローンといえます。

 

カードローンを契約すると、カードを渡されます。カードには限度額が設定されていて、限度額の範囲内であれば繰返し借入れが可能です。例えば限度額50万円のカードローンを組んだとします。50万円一気に借入れしてもいいですし、30万円、10万円、10万円、と何回かに分けて借入れしてもいいです。1円も引出さないとしても問題ありません。いざという時の為に使わずにおくのも自由です。

 

また、50万円借入れしたとしても、20万円まで返済すればまた20万円借りられるようになります。

 

借入れしたお金は返済していきます。毎月、または35日毎に返済日を設定しているカードローンが多く、借りたお金は数回に分けて返済していきます。

 

カードローンの契約時には審査があります。その代り、カードローンの申込み時に担保や保証人は必要ありません。現在のカードローンは基本的に保証会社を立てているので、自分ひとりで申込みが可能です。

 

銀行のカードローンも保証会社を利用する契約となり、多くは消費者金融系の保証会社を立てています。有名どころのアコムもソニー銀行カードローンの保証審査を行うなど、消費者金融系の保証審査も一般化してきています。