大きなデメリットも知っておく

大きなデメリットも知っておく

カードローンのデメリットとして、限度額の低さと金利の高さがあります。ローンによって金利は大きく変わりますが、いつでも使い道自由で借入れができるカードローンは金利が高めに設定されています。

 

例えば大手消費者金融でカードローンを組んだ場合、初回の金利は18.0%になる可能性が高いです。自動車ローンや住宅ローンで10%を超えるような金利はなく、いかにカードローンの金利が高いのかがわかります。

 

また、カードローンで初回から借入れできる金額は、それ程多くはありません。最初は数十万円程度の限度額での契約となるケースが多いです。限度額は信用に応じて変動しますが、初回から多額の融資を行うにはカードローンはリスクが高すぎるのです。

 

住宅ローンなどと違い、カードローンには担保や保証人が必要ありません。いざとなったら担保の住宅を差し押さえるなどの処置ができない分、金利も高く限度額も低くせざるを得ないのです。

 

しかし、限度額が低いとはいっても数十万円の枠があればかなり自由に使えるという見方もできます。そして、金利が高いとはいっても、借入の金額が多くなければ払う利息もそれ程高くはありません。金利18.0%で20万円借りたとしても、1か月にかかる利息は3000円で済みます。多額の借入れに注意すれば、デメリットもそれ程気にはならないでしょう。

 

金利面のデメリットは、じつは借り換えによって軽減も可能となります。低金利で借り換えに使えるカードローンを利用すれば、返済も楽になっていくのです。

 

借り換えに対応する低金利カードローンと言えば、やはり注目はオリックス銀行カードローンです。来店不要で口座開設も不要となりますので、低金利の借り換えを行いたい方はオリックス銀行の借り換えでの借り方を見ておきましょう。