良いことだけではないのがカードローンの厄介な部分

カードローンは困ったときに助かる

周りには頼みづらいお金の相談ごとも、カードローンであれば内緒で解決ができるので助かります。限度額の範囲内なら自由に繰り返し借りられるので、カードローンならお金が必要なときには良いサービスと言えます。

 

ただ、カードローンは良いことだけでなく、悪い点もあります。メリットもデメリットもあるので、カードローンを利用するなら両面をしっかりと把握していなければなりません。どちらも知れば安心してカードローンが利用できるようになるのです。

 

 

そもそもカードローンとは

一般的にローンとは、目的が限定されている借入れを指します。住宅ローンなら住宅購入資金に、マイカーローンならマイカー購入資金に、それぞれ割り当てられます。マイカーローンで200万円組んで、40万円分は生活費に回した、というような使い方はできません。

 

カードローンでは直接お金の借入れを行います。他のローンと違い、カードを購入するためのローンではなく、カードを使ってフリーローンを組むイメージです。カードを利用するだけでいつでも手軽に現金が引き出せるので、他のローンとは根本的に違います。

 

また、通常のローンが一度にまとめて借入れするのに対して、カードローンはお金が必要になる都度、繰返し借入れが可能です。銀行でも提供をしているサービスとなるので、低金利で借りたい場合にはオリックス銀行でのローン審査を進めてみましょう。

 

カードローンのメリット

カードローンのメリットとして、いつでも簡単に借入れができる点があります。ATMにカードを入れてお金を引出せるので、いざという時に頼りになります。また、繰返し利用ができる点も他のローンにはないメリットです。限度額の範囲内であれば、必要な時に何度でも借入れができます。

 

カードローンの手続きの簡単さもメリットの1つです。最近のカードローンは審査や手続きの時間が短く、1時間程度の手続きで融資を受けられます。急にお金が必要になった時でも、すぐに申込んで利用ができます。

 

2回目の利用時には審査が不要というメリットもあります。ローンを組む時には必ず審査があります。これはカードローンも例外ではありません。しかし、一度審査が通ってカードが発行されれば、借入の度に審査があるわけではありません。カード発行後の自由度の高さは、カードローンならではのメリットです。

 

カードローンのデメリット

カードローンにはデメリットもあります。カードローンは多額の借入れには向いていません。住宅ローンなら1000万円以上、マイカーローンでも100万円以上の借入れが可能ですが、カードローンで初めから100万円以上の借入れをするには、審査もそれだけ厳しくなります。最初の限度額は数十万円程度が相場です。

 

また、カードローンの金利は他のローンと比べても高めです。銀行でも14%程度、消費者金融なら18%程度の金利が取られます。金利の高さを見ても、多額の借入れには向いているとは言えません。

 

最後に、手軽に利用でき過ぎるので、まるで自分のお金のように錯覚しやすい点があります。カードローンも他のローン同様に借金の1種なのですが、ATMから簡単に借入れできるので、まるで自分のお金のように錯覚してしまう可能性があります。

 

手軽すぎるが故に借り過ぎてしまう可能性があるのがカードローンなので、利用の際には計画をもって無理のない返済の範囲で借りなければなりません。最近では申し込み当日に借りられる即日キャッシング融資のプロミスの人気が高くなっているなど、急ぎの際にも対応が可能となりますが、借り入れはよく考えて行うようにしましょう。